Trust News & Blog 【探偵豆知識】不倫相手と別れさせる方法は?

2023年11月28日
探偵豆知識

【探偵豆知識】不倫相手と別れさせる方法は?

パートナーが浮気をしている事に気付くと、不倫相手と別れさせたいと思う人が大半ではないでしょうか?

やはり皆さんどうしても不倫相手に対してとなると、感情的になってしまいますので、「会社に電話する」「直接電話をかける」「SNSなどに書き込む」など、直接的な行動に出てしまう事が非常に多いです。

しかし、このような手法は基本的にNGです。

では、どのような方法なら不倫相手と賢く別れさせることが出来るのか、別れさせ方を紹介したいと思います。

不倫相手と別れさせる方法①:相手としっかり話し合う

まずは、相手としっかりと向き合うことが大切です。

相手が不倫をしていることで、自分が悲しい思いをしていることなど、今の気持ちをはっきりと伝えた方がいいです。

この際には喧嘩になってしまう可能性がありますが、多少喧嘩をしても問題ありません。

相手は、「バレない」と思ってたかをくくっているので、安易に不倫をしてしまうのです。

まずは、相手に対して不倫をしている事実は既に知っていて、自分は不倫によって深く傷ついたことを素直に恐れずに素直に伝えましょう。

また、この際に可能な限り相手の気持ちも聞き出し、お互い率直な思いを言い合う事が非常に大切です。

一般的に不倫は夫婦関係の気持ちのズレが原因で起きている事が非常に多いです。

どんな形であれ、お互いの気持ちを伝えあうことが最も重要です。

まずは、パートナーだけと話をし、その後必要であれば浮気相手とも話し合う事になるでしょう。

不倫相手と別れさせる方法②:気持ちをストレートに伝える

パートナーに対しては、ポジティブな感情もストレートに伝える事が大切です。

例えば、男性が浮気をしている場合は、自分が妻から「男性とみられていない」と感じている事が原因で不倫に走っているケースが珍しくありません。

このような場合、旦那様に対して「愛してる」など、ストレートな気持ちを伝えるだけで解決するような場合もあります。

まず、怒りや辛さなどを吐露した後は、出来る限りストレートにポジティブな感情を伝えるようにしましょう。

不倫相手と別れさせる方法③:子供の将来の話をする

子供の将来の話をすることも大切です。

子供の将来は夫婦2人だけの問題ですし、お互いにとっても唯一無二の共通の話題になります。

まだお子様が生まれていない場合でも有効です。

これは出来るだけパートナーと2人きりの時に話し合うといいでしょう。

2人でしっかりと話し合うことで、パートナーも「自分もこんなことばかりしていたらダメだ」と不倫に対して考えを改める可能性があります。

子供の進路や子供の夢などについて、出来るだけ自然に2人で話をするといいでしょう。

不倫が起こるのは、夫婦関係が男女の関係として構築されておらず、会話がなくなってしまった際に起こることが多いです。

そのように、夫婦としての方向性がはっきりとまとまると不倫を辞めてくれる可能性はかなり高まります。

しかし、大事な話し合いをするためにも、相手が話し合いをする姿勢になっていないと意味がないので、出来る限り上記の流れを汲んで、2人でしっかりと話し合う体制を作ってください。

不倫相手と別れさせるための強硬手段

パートナーと話し合っても不倫相手と別れる気配がない場合は強硬手段に出るしかありません。

この場合の強硬手段とは、暴力や暴言をふるうのではなく、浮気相手やパートナーを精神的に追い詰めるということです。

その手段としては以下のようなものがあります。

・内容証明郵便を送る。

・誓約書を書かせる。

・親に仲裁を依頼する。

・慰謝料請求。

などがあります。

いずれの方法もパートナーや不倫相手に対してかなり精神的な圧力を与えることが出来ます。

しかし、この場合は浮気相手の身元もはっきりしていないと行えないものが多いです。

もし現時点で浮気相手の身元が分かっていないようナ場合は、浮気調査を依頼し、はっきり身元を特定することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パートナーとの話し合いで不倫を辞めさせることが出来る場合もあります。

しかし、どうしても難しかった場合は、浮気調査などを行い、強硬的な方法で浮気をやめさせるしかないでしょう。

この記事を見て、浮気調査を検討された方は、浮気調査の一連の流れを下記に紹介していますので、良ければご参照ください。

                                   
電話番号 LINE お問い合わせ